ホーム > ニュース > マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~

マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~

このエントリーをはてなブックマークに追加
pdfPDFはこちら
 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO :辻庸介、以下「当社」)は、個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」シリーズ、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」、そして住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」)のお客様に向けた「マネーフォワードfor住信SBIネット銀行」において、住信SBIネット銀行が提供するAPIとの公式連携を開始したことをお知らせいたします。
 本件は、2015年8月25日に発表いたしました住信SBIネット銀行との業務提携の一環による取組となります。


■住信SBIネット銀行が提供するAPIとの公式連携対象サービス
本件により、住信SBIネット銀行が提供するAPIと公式連携するサービスは以下となります。
・自動家計簿・資産管理サービス
 自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』シリーズ
 自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』

■概要
 住信SBIネット銀行のインターネットバンキングの利用者の皆様は、住信SBIネット銀行が提供するAPIと当社が提供するサービスとの公式連携により、今後はIDやパスワードを預けることなく、連携サービスである『マネーフォワード』や『MFクラウドシリーズ』において、住信SBIネット銀行の残高情報や入出金履歴などをご確認いただくことが可能となります。
 本件により、更に高いセキュリティと正確なデータ取得を担保しながら、より利便性高く、当社サービスをご利用いただけるようになります。尚、利用者の皆様が本APIを利用する際には、住信SBIネット銀行の認証基盤(OAuth2.0準拠※)を用いて認証を行います。
 当社は、引き続き金融機関が提供するAPIとの公式連携を推進し、利用者にとって新たな付加価値を生むFintechサービスの開発、提供をすすめてまいります。

※:利用者が安全にAPIを用いたサービスを利用するための仕組みの一種です。
参考:http://oauth.net/articles/authentication/

■株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』https://moneyforward.com/

・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
 確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 https://biz.moneyforward.com/tax_return
 会計ソフト『MFクラウド会計』  https://biz.moneyforward.com/
 請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 https://invoice.moneyforward.com
 入金消込ソフト『MFクラウド消込』 https://biz.moneyforward.com/reconciliation
 給与計算ソフト『MFクラウド給与』 https://biz.moneyforward.com/payroll
 創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』 https://biz.moneyforward.com/implementation_support
 マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 https://biz.moneyforward.com/mynumber
 経費精算ソフト『MFクラウド経費』 https://biz.moneyforward.com/expense

・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』 https://moneyforward.com/media/

・マネーフォワードFintech研究所 https://moneyforward.com/mf_blog/category/fintech/



this is default footer data