お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

Director

役員紹介

取締役執行役員
マネーフォワード
Fintech 研究所長

瀧 俊雄

2004年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券株式会社に入社。株式会社野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学MBA、野村ホールディングス株式会社の企画部門を経て、2012年より株式会社マネーフォワードの設立に参画。経済産業省「産業・金融・IT融合に関する研究会」に参加。金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバー。

+MORE


駆け出しの社会人の頃、教わった言葉があります。
「安全」と「安心」は違う。安全は説明を尽くせば伝えることができるが、安心は相手の中に生まれるものだから伝えることができない。
その言葉は、資本市場の世界で「説明を尽くす」仕事をしていた私にとって、仕事を考えていく上で大きな意味を持ちました。
似たような言葉の組み合わせで、「リスク」と「不確実性」というものがあります。リスクとは、じゃんけんのように、複数の結果があるときにどれくらいの確率で勝つか負けるのかが分かることを指します。一方、不確実性とは意中の人に思いを告げる時のように、何がどのような確率で起きるのか、分からないことを指しています。
私は世の中で不安と呼ばれていることの多くは、不確実性ではなくリスクに近いものだと考えています。本当の問題は、物事を優しく理解していくためのツールや、次のアクションが不明であることではないか、と捉えています。
マネーフォワードは、不安の最たるものであるお金の問題について、その解を提供していく会社です。サービスをご利用される皆さま一人ひとりが、本当に必要なことに注力できる社会をテクノロジーの力で実現していけるよう、粘り強く、フェアネスを大事に、チャレンジを続けていきます。

CLOSE

取締役執行役員 CISO

市川 貴志

2000年、マネックス証券株式会社入社。マネックス証券株式会社にて証券取引システムの開発・運用、子会社合併等の各種プロジェクトマネジメントを担当。その後、大手金融システム開発会社にて、インフラ部門の責任者として為替証拠金取引サイトの新規構立ち上げに従事。2012年よりマネーフォワードの設立に参画。

+MORE


様々な所に散らばっているお金に関わるデータ、それを一箇所に集めることでこれまでのサービスでは出来なかった特別な価値を生み出し、新たな価値をユーザーに提供している状態。そんな世界を思い描いて、マネーフォワードを起業しました。
それから数年の時代の変化と共にサービスも成長し、少しずつですが、お金の課題に関してユーザーに喜んで頂ける価値を提供できるようになってきたと思っています。
マネーフォワードが提供するそれらのサービスについて、私はシステムの基盤面とセキュリティの堅牢性をテクノロジーの力で支えることで、その実現のために日々邁進しております。

CLOSE

取締役執行役員
コーポレート
ディベロップメント担当

金坂 直哉

2007年、東京大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス証券株式会社の東京オフィス、サンフランシスコオフィスにて約8年間勤務。テクノロジー・金融業界を中心にクロスボーダーM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、ゴールドマン・サックスが運営する投資ファンドを通じた投資及び投資先企業の価値向上業務に携わる。2014年よりマネーフォワードに参画。

+MORE


私がマネーフォワードに参画してからおよそ3年が経過しました。前職で金融業界にいた私が感じていたのは、急激に進行する円安と、一方で従来から変わらない日本人の預金偏重の貯蓄スタンスが将来もたらしうる潜在的なリスクへの危機感でした。その後為替レートは安定化しましたが、それでも日本が抱えている課題は財政問題、少子高齢化、貧困率の悪化、医療費の増大、年金システムなど枚挙にいとまがなく、誰もが漠然とした不安を抱えて日々を生きていると感じています。そのような社会において、マネーフォワードが提供するサービスを通じて、一人でも多くの方の将来への漠然とした不安を解消し、ポジティブなお金の流れを創出することが当社の使命だと考えています。
私は財務・経営企画部門の責任者として、ユーザーの皆様に安心してご利用いただける財務・経営基盤の構築に引き続き努めてまいります。また、当社が提供するサービスの多くは、既存の金融インフラ、データインフラ、会計インフラを提供されている金融機関様、事業会社様、会計事務所様とのパートナーシップに基づいて成り立っているものです。これからも、協業させていただいている皆様と一緒にユーザーの皆様に新しい価値を届けていきたいと考えています。
今後ともマネーフォワードを宜しくお願い申し上げます。

CLOSE

取締役執行役員 CTO

中出 匠哉

2001年ジュピターショップチャンネル株式会社に入社。ITマネージャーとして注文管理・CRMシステムの開発・保守・運用を統括。2007年 シンプレクス株式会社に入社し、証券会社向けの株式トレーディングシステムの開発・運用・保守に注力。その後FXディーリングシステムのアーキテクト兼プロダクトマネージャーとして開発を統括。2015年に当社に入社し、Financialシステムの開発に従事。2016年にCTOに就任。

+MORE


これまでマネーフォワードはアカウント・アグリゲーションによるユーザーデーターの自動取得など、自動化や省力化を価値としてサービスを提供してまいりました。たくさんのユーザーの方々にサービスを利用していただき、家計や企業会計に関する膨大な量のデータを預からせていただいております。

お預かりしたデーターを引き続き安全にセキュアに管理することはもちろんですが、今後はこれらのデータとAIを活用することで様々なお金の課題に対するアシスタントや金融サービスの高度化・低価格化など、これまで提供できていなかった新しい価値をユーザーに届けていきたいと考えております。

また近年は仮想通貨が大きな話題となっておりますが、「お金」は価値尺度や交換、価値保存を目的に、古くは貝から金貨、紙幣と時代の変化とともに形を変えて存在してきました。そのお金がインターネットが発達した現代社会において、より簡単に低コストにグローバルに目的を実現できるように形を変えようとしています。

キャッシュレス化は時代の変化の中で必然の流れであり、「お金」の利便性を格段に向上させると信じています。マネーフォワードはテクノロジーの力でユーザーの期待を超えていけるサービスを提供し、より良い社会やより良い暮らしの実現に貢献していきます。

CLOSE

取締役執行役員
管理本部長

坂 裕和

2001年証券会社に入社し2年間営業職に従事。2007年法科大学院を卒業し、2008年弁護士登録。2009年SBI証券に入社し、法務部を経て経営企画部にて全社プロジェクトの推進・管理を担当。2011年SBIホールディングスに出向し、社長室長として主にグループ戦略推進、子会社管理に従事。2012年SBIマネープラザの立ち上げを担当し、同社の管理部門管掌取締役に就任。2016年1月に当社入社。

取締役執行役員
事業推進本部長

竹田 正信

2001年インターネット広告代理店にて企画営業職に従事。2003年株式会社マクロミルに入社し、2008年取締役就任。同社の経営企画部門を主に管掌し、事業戦略、人事戦略、企業統合、新規事業開発を主導。2012年株式会社イオレに転じ、取締役経営企画室長に従事。2016年株式会社クラビス取締役・CFOを経て、2017年株式会社クラビスのグループ会社化に伴い、マネーフォワードに参画。

CLOSE

社外取締役

社外取締役
株式会社東芝
取締役、代表執行役会長CEO

車谷 暢昭

株式会社三井銀行に入行。株式会社三井住友フィナンシャルグループ副社長執行役員、株式会社三井住友銀行代表取締役兼副頭取執行役員に就任。2017年にシーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社代表取締役兼共同代表に就任。2018年に株式会社東芝 取締役、代表執行役会長CEOに就任。

社外取締役
日本ペイントホールディングス株式会社
代表取締役会長

田中 正明

元株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ代表取締役副社長、元株式会社産業革新投資機構 代表取締役社長CEO。2011年から2015年までモルガンスタンレー取締役。「金融審議会 金融制度スタディ・グループ」等複数の政府系会議メンバー。1977年に三菱銀行に入行して以来、東京三菱銀行執行役員営業第三部長兼法人業務第一部長、三菱東京UFJ銀行執行役員企画部長、ユニオンバンク頭取兼最高経営責任者、三菱東京UFJ銀行専務執行役員米州総代表などを歴任。2017年2月より金融庁参与に就任。2019年3月に日本ペイントホールディングス株式会社代表取締役会長に就任。

社外取締役
DNX Ventures 
Managing Director

倉林 陽

富士通株式会社及び三井物産株式会社にて日米でのベンチャーキャピタル業務を担当後、Globespan Capital Partners及びSalesforce Venturesの日本投資責任者を歴任。2015年3月よりDraper Nexus Venture Partners(現DNX Ventures)に参画しManaging Director就任。同志社大学博士(学術)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営大学院修了。著書「コーポレートベンチャーキャピタルの実務」(中央経済社)。

社外取締役
株式会社プロノバ代表取締役社長

岡島 悦子

三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2002年、グロービス・グループの経営人材紹介サービス会社であるグロービス・マネジメント・バンク事業立上げに参画、2005年より代表取締役。2007年、プロノバ設立、代表取締役就任。経営チーム強化コンサルタント、ヘッドハンター、リーダー育成のプロ。

顧問

顧問
ボストン
コンサルティング グループ
シニア・アドバイザー

御立 尚資

日本航空株式会社を経て、1993年BCG入社。2005年から2015年まで日本代表、2006年から2013年までBCGグローバル経営会議メンバーを務める。
BCGでの現職の他、楽天株式会社社外取締役、京都大学経営管理大学院客員教授なども務める。

顧問
株式会社
ベータカタリスト
代表取締役CEO

春田 真

1992年4月、株式会社住友銀行に入行。同行退職後、2000年2月 株式会社ディー・エヌ・エーに入社、同年9月に取締役CFOに就任。2008年7月、常務取締役CFOに就任。2011年6月、取締役会長に就任。DeNAの上場を主導するとともに大手企業とのJV設立や横浜DeNAベイスターズの買収等M&Aを推進。2015年4月 株式会社ベータカタリスト設立。代表取締役就任。



ページトップへ