お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

CEO Message

代表メッセージ

株主の皆様へ

日頃より当社に対し格別のご理解、ご支援を賜り、厚く御礼申しあげます。
当社は、多くの皆様にサポートいただき、2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場に、国内初のFintechならびにSaaS企業として上場させていただきました。

当社は、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッション、「すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる」というビジョンを掲げ、サービスを通して個人、法人共にお金の不安を解消し、前向きな取り組みをサポートすることで、生き生きとした人生、社会創りに貢献したいと考えております。

当社のビジネスモデルは、サブスクリプション(継続課金)のストック型モデルであるため、中長期のキャッシュフロー価値の現在価値最大化を最重視し、経営の意思決定を行っております。

  1. 当社が目指していること
    当社グループは、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッション、そして、「すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる」というビジョンを掲げ、日々サービス開発に取り組んでおります。
    ミッションの実現に向けて、当社は個人向けに、お金の流れを見える化する自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、自動貯金アプリ『しらたま』などのPFM(※1)サービスをはじめ、家計の悩みや不安をプロと一緒に解決する『mirai talk』、くらしの経済メディア『MONEY PLUS』、金融商品の比較検討・申し込みができるプラットフォーム『Money Forward Mall』などを提供しています。
    さらに、企業向けには、生産性や経営力向上を可能にする『MFクラウドシリーズ』、企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』などを提供しています。
    また、直近ではブロックチェーン・仮想通貨の普及と実用化をめざすマネーフォードフィナンシャル株式会社の設立を発表し、仮想通貨に関する「知る」「交換する」「利用する」「管理する」「申告する」というすべてのプロセスでソリューションを提供することも発表させていただきました。
    当社は、「お金と前向きに向き合い、可能性を広げることができる」サービスを提供することにより、ユーザーの皆様の人生を飛躍的に豊かにすることで、より良い社会創りに貢献していきたいと考えております。
    • ※1 Personal Financial Managementの略職であり、個人の金融資産管理、家計管理をサポートするサービスをいいます。
  2. 当社のバリュー(行動指針)について
    当社は、以下の3つをバリュー(行動指針)として掲げています。
    • 『User Focus』・・・私たちは、いかなる制約があったとしても、常にユーザーを見つめ続け、本質的な課題を理解し、ユーザーの想像を超えたソリューションを提供します。
    • 『Technology driven』・・・私たちは、テクノロジーこそが世界を大きく変えることができると信じています。テクノロジーを追求し、それをサービスとして社会へ提供していくことで、イノベーションを起こし続けます。
    • 『Fairness』・・・私たちは、ユーザー、社員、株主、社会などのすべてのステークホルダーに対してフェアであること、オープンであることを誓います。
  3. 4つの成長戦略について
    国内のFintech市場は、テクノロジーの凄まじい進化を背景として、金融庁や経済産業省を中心とした銀行法の改正、仮想通貨法の成立、電子帳簿保存法の改正・施行など、イノベーションを推進する法環境の整備、各金融機関・大手システムインテグレーターによるオープンイノベーションの加速、さらには、Fintech市場における大型の資金調達事例が増加するなど、急成長を遂げています。
    当環境下において、当社は4つの成長戦略を掲げています。
    ① ユーザーの基盤の更なる拡大
    ・ 個人、法人ともに確固たる国内No.1シェアを実現。
    ・ 提携チャネルの深化:提携金融機関様、会計事務所様、事業会社様、量販店様、商工会議所様との連携を強化し、PFMサービス及びMFクラウドサービスの分野における最重要パートナーとしての地位を確立。
    ② ARPU(※2)の向上、マネタイズ力の強化
    ・ 個人・法人向け共に複数のプロダクト、マネタイズポイントを保有する強みを生かし、クロスセル、アップセルを促進。
    ・ 強い事業をより強く、かつ新たな強い事業の継続的創出による更なる成長の実現高い売上成長の実現。
    ③ 新たなサービスラインの拡充
    ・ 優秀な開発人財(エンジニア、デザイナー)の採用を更に加速。プロダクト開発体制の強化とサービス優位性の確立。
    ・ イノベーティブなサービス開発能力を活かし、新たなサービスの積極的な リリースによるサービスライン拡充。
    ④ データ活用による高付加価値化
    ・ 個人・法人双方に対して、蓄積された膨大なデータを活かし、当社ならではの付加価値の高いサービスをユーザーに提供。
    ・ データ基盤構築を加速し、人財採用を強化。
    • ※2 Average Revenue Per Userの略職であり、1顧客あたりの売上をあらわす数値をいいます。
  4. 最後に
    当社は、2012年創業とまだまだ若い会社ではございますが、ミッションである「お金を前へ。人生をもっと前へ。」の実現を目指し、失敗を恐れず挑戦を続けてまいります。そして「社会の公器」として中長期での企業価値向上に務め、日本を代表し世界に通用する会社へと成長していきたいと考えております。
    そして、志を持った人々がよりチャレンジしやすい環境づくり、新しいイノベーションを生み出しやすい社会へと進化していく一助となっていければと思います。
    当社の創業からの思いについてはこちら、上場時に関するご挨拶はこちらも、ご覧いただければ幸いです。
    株主の皆様におかれましては、なお一層のご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社マネーフォワード
代表取締役社長CEO
辻 庸介



ページトップへ