お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

Sustainability

サステナビリティ

Society Forward

私たちの追い求めるMissionを実現するためには、より良い社会をつくることが大切だと考えています。そのために、多様なパートナーとの共創により、社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)化への貢献、より良い社会システムの実現を目指した活動、環境に配慮した経営の実践を通じて、「社会をもっと前へ。」の実現に尽力していきます。

多様なパートナーとの共創により、社会のDXに貢献

考え方

近年、ビジネス環境が激しく変化するなか、企業の競争力を高め、生産性を向上させるDXへの取り組みが、加速しています。私たちは、全国の金融機関、会計事務所、事業会社、商工会議所など、多様な事業パートナーとともに事業を進めています。
今後も、既存の事業パートナーとの提携の強化、新たな事業パートナーの拡大によって、強固なエコシステムを構築し、多様なパートナーとの共創により、社会のDX化への貢献を目指します。
これらの取り組みにより、SDGsの目標8、12、17の達成に貢献します。

主な取り組み内容

全国の金融機関、会計事務所、事業会社、商工会議所などの多様な事業パートナーを通じたDXの推進

公認メンバー数(会計・社労士事務所)
16,000超※1
提携商工会議所数
107※1
サービス提供金融機関数
39※1
スクレイピング・API接続済みの金融機関
1,109※2
※1
2021年2月末時点。公認メンバー数は、士業事務所のうち、弊社サービスを利用する職員数の合計。従来公表していた事務所単位では4,400超の事務所に導入。
※2
数字は2021年4月8日現在。API連携もしくはスクレイピング接続の契約を締結している金融機関(信用金庫、労働金庫、農水産業協同組合を含む)。

より良い社会システムの実現を目指した活動

考え方

私たちは、マネーフォワードFintech研究所での調査研究・情報発信や官庁設置の会議等における政策提言、全社における具体的取り組みの公表といった様々な活動を通じて制度的改革をリードしています。また、Fintech協会や電子決済等代行事業者協会などの業界団体における勉強会や交流会などの活動の運営を通じてエコシステムの拡大を図っています。加えて、世代や年齢を超えて一人ひとりがお金と向き合うきっかけを提供するため、お金に関する課外授業やイベント、ユーザー向けコミュニティを実施しています。
今後もこのような活動を積極的に行い、経済的格差などの社会問題の解決にも取り組むとともに、個人の人生の可能性を広げる後押しをすることで、より良い社会システムの実現を目指していきます。
これらの取り組みにより、SDGsの目標4、10、17の達成に貢献します。

主な取り組み内容
主な取り組み内容の図
  • 電子インボイス推進協議会
    インボイス制度の開始を契機として、同制度における電子インボイスの標準化および他の業務の効率化を促進する活動の推進
  • 老後資産の見える化
    2000万円問題への対応として、公的年金や個人の資産を可視化し、老後の生活設計を支援する活動
  • Fintech企業のセキュリティ高度化
    Fintech企業と金融機関・金融システムが接続するにあたり、安心できるセキュリティ基準の構築・運用を推進
  • 中小企業の資金繰り改善
    中小企業の運転資金確保に向けて、売掛金ファクタリングや融資に関連する制度整備を提言を実施
  • 認証基盤改革
    マイナンバー制度や法人認証基盤をベースとした、スマート公共サービスを実現するプレーヤーとして政策提言を実施
  • 超高齢社会の課題解決
    超高齢社会において、認知症をはじめとするさまざまな変化が利用者に起きる中、包摂的に金融サービスを提供するための知見収集と政策提言を実施
  • 給与デジタルマネー払い
    働き手に給与受け取りや資産形成を行うための選択肢を増やしていく制度を要望
  • 金融サービス仲介業の自主規制
    新しい金融商品の仲介のあり方に際して、安心できるサービス提供の担保と業界振興をサポート
  • 電子決済等代行業の業界振興
    銀行APIをはじめとする金融情報・取引の連携をスムーズにできる制度・インフラを実現するべく、業界団体としての活動を実施
  • 決済制度改革
    全銀ネットやCBDC等の決済インフラの変革に関連する議論に積極参加し、未来の便利な決済インフラ構築に向けた制度要望を実施
  • データポータビリティの促進
    我が国ではまだ権利化されていない、自己のデータのコントロール権に関する調査とコンセンサス形成を実施
  • Fintechにおけるオープンイノベーションの促進
    自社の利益を越えて、Fintech産業の振興を支援し、イノベーションが生まれ続ける制度環境を保つ活動を実施

金融リテラシーの向上

  • ・ユーザー向けコミュニティ「SHIP」の運営
  • ・ユーザー向けイベント「お金のEXPO」の開催

環境に配慮した経営の実践

考え方

私たちは、リモートワークを基本とした新しい働き方を導入し、社内稟議、経費精算、契約締結などの業務をクラウド上で行なうことにより、ヒトやモノの移動、紙資源の利用の削減に取り組んでいます。また、バックオフィスのペーパーレス化を促進するサービスの提供を通じて社会のDXに貢献することで、さらに環境にやさしい社会を実現することができると考えています。
私たちは、今後も社内業務の見直しや事業の成長などを通じて、世の中のヒトやモノの移動、紙資源の利用削減をさらに促進し、環境に配慮した経営を実践していきます。
これらの取り組みにより、SDGsの目標15の達成に貢献します。

主な取り組み内容

ページトップへ