お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 本社オフィスにおける100%実質再生可能エネルギー電力の利用開始

本社オフィスにおける100%実質再生可能エネルギー電力の利用開始

2021-06-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境に配慮した取り組みの一環として、年間約62tのCO2削減を実現

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、本日、当社本社オフィス(msb Tamachi※1田町ステーションタワーS 21階)において、株式会社エネット(本社:東京都港区、代表取締役社長: 谷口直行、以下「エネット」)が提供※2する100%実質再生可能エネルギー電力の利用を開始いたしました。

今回利用開始する電力は、エネットの電源構成(主にLNG火力発電)の電力に、固定価格買取制度(FIT)※3によらない再生可能エネルギーの環境価値※4を組み合わせて供給をうけることで、実質的に再生可能エネルギー100%とみなされます。  

当社はこれまで、社内におけるリモートワークを基本とした働き方やツールのクラウド化、またサービスの提供を通じた社会のデジタルトランスフォーメーション化の推進により、ヒトやモノの移動および紙資源の利用を削減し、環境に配慮した取り組みを進めてきました。その一環として、この度本社オフィスにおける100%実質再生可能エネルギー電力の利用を開始します。これにより1年で、杉の木4,429本の年間CO2吸収量に相当する約62tのCO2削減※5を見込んでいます。

当社は今後も、社内業務の見直しや事業の成長などを通じて、環境に配慮した経営をさらに実践していきます。

※1 東京ガス不動産×三井不動産×三菱地所が結集して取り組む、JR田町駅直結のミクストユースな街づくりプロジェクト。
※2 取次店の東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社を経由し、賃貸人の三井不動産株式会社および三菱地所株式会社より供給を受けます。
※3 再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度。
※4 再生可能エネルギーによる電力のうち、「電気そのものの価値」以外の「二酸化炭素を排出しない価値」のこと。
※5 杉の木のCO2吸収量については農林水産省林野庁関東森林管理局をもとに、当社にて推計。CO2削減量についてはCO2排出係数0.444kg-CO2/kWh(電気事業連合会2019年度速報値)にて計算。

■株式会社エネットについて
名称  :株式会社エネット
所在地 :東京都港区芝公園二丁目6番3号 芝公園フロントタワー
代表者 :代表取締役社長 谷口直行
設立  :2000年7月7日
事業内容:小売電気事業
     省エネルギーに関するコンサルティング
URL  :https://www.ennet.co.jp/index.html

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード 
広報担当:早川 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

ページトップへ