お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • マネーフォワード、”(しら)ずにお金が(たま)る”人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』を提供開始

マネーフォワード、”(しら)ずにお金が(たま)る”人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』を提供開始

2017-09-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~第一弾は、住信SBIネット銀行と連携、更新系APIを活用し専用口座での貯金が可能に〜

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介、以下「当社」)は、9月19日より人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』(以下「しらたま」)を提供開始いたします。第一弾として、住信SBIネット銀行(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」)と更新系API連携*し、住信SBIネット銀行のメイン口座から貯金専用口座に自動で貯金ができるようになります。

*銀行の口座情報にアクセスするAPI には、参照系APIと更新系APIの2種が存在します。参照系APIは、金融機関の残高や入出金履歴などを外部サービス内で閲覧できるAPI、更新系APIは、外部サービス内から振込などの更新を可能とするAPIです。『しらたま』は、更新系APIを活用しています。

【『しらたま』発案の経緯】
当社は、2012年12月より、自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』を提供しており、現在利用者数は500万人を突破しています。2017年3月に発表した「お金の意識調査2017」によると利用者の約半数が、平均で月に19,090円の収支改善を実感しています。
一方で、当社が行った「2017年夏のボーナスとお金の課題・価値観に関する調査」のお金に関する不安・悩みについては全20項目のうち、1位「老後・年金」、2位「資産運用」、3位「貯金がない・貯金ができない」という結果になりました。
こうした中、『マネーフォワード』でこれまで注力してきた「お金の見える化」からさらに一歩踏み込み、「貯金」をするための新たなソリューションとして、人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』の提供を開始いたします。
『しらたま』を通じて、これまで思うように貯金ができなかった人の貯蓄力向上をサポートするとともに、今後は貯蓄した金額を「資産運用」まで展開できるサービスづくりをすることで、政府が推進する「貯蓄から投資へ」につながる価値提供を目指してまいります。

■自動貯金サービス『しらたま』概要
「日々の生活をもっと楽しく、ちょっとだけ贅沢に」というコンセプトのもと、気軽に楽しくお金が貯められる人生を楽しむ貯金アプリです。『しらたま』の由来は、アプリ上の白玉のような丸い貯金箱に“(しら)ずにお金が(たま)る”自動貯金をイメージしています。『しらたま』を通じて、大切な人とのお出かけや、ずっと欲しかったものの購入、自分へのご褒美など、人生が楽しくなる出来事を実現し、貯金を楽しみながら人生を楽しむことを目指しています。

<『しらたま』の利用方法>
『しらたま』の利用開始と同時に、連携金融機関※1内に『しらたま』でお金をためるための貯金専用口座(目的別口座)が開設され、アプリ上の貯金箱と口座の残高が連携されます。(現在は、住信SBIネット銀行の口座が開設されます。今後は、対応金融機関との連携を拡大していく予定です。)

<特長>
(1)おつり貯金
・『マネーフォワード』(iOS版)および『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(iOS版)に連携済みのクレジットカード明細をもとに、おつり貯金額を算出。
・設定した金額のおつりとなる相当金額を貯金ができる。

(2)つみたて貯金
・毎日の貯金額を設定して、自動でメイン口座から貯金専用口座に貯金ができる。

(3)目的・目標金額やペース配分の設定
・旅行や購入したいものなど貯金の目的や目標金額を設定することができる。
・貯金のペースを自由に選択することができる。

(4)目標到達時の出金
・目標到達時にはお金を貯金専用口座からメイン口座に入金することができる。

開始日:2017年9月19日(火)
URL:https://sirata.ma/
iOS※2https://itunes.apple.com/jp/app/id1274834174
料 金:無料

※1 別途、連携金融機関(住信SBIネット銀行)の口座開設が必要になります。(2017年9月19日時点では、住信SBIネット銀行のみ対応)
※2 Android版は今後開発予定。

当社は今後も、ミッションである「お金を前へ。人生をもっと前へ。」の実現に向け、個人や企業のお金の課題に向き合い、ユーザーにとってより良いサービス開発に取り組んでまいります。

■株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』
WEB https://moneyforward.com/
iPhone, iPad https://itunes.apple.com/jp/app/id594145971
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.moneyforward.android.app

・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
『MFクラウド確定申告』 https://biz.moneyforward.com/tax_return
『MFクラウド会計』   https://biz.moneyforward.com/
『MFクラウド請求書』  https://invoice.moneyforward.com
『MFクラウド給与』   https://biz.moneyforward.com/payroll
『MFクラウド消込』   https://biz.moneyforward.com/reconciliation
『MFクラウドマイナンバー』 https://biz.moneyforward.com/mynumber
『MFクラウド経費』  https://biz.moneyforward.com/expense
『MFクラウドファイナンス』 https://biz.moneyforward.com/finance

・くらしの経済メディア『MONEY PLUS』 https://moneyforward.com/media/
・マネーフォワードFintech研究所 https://moneyforward.com/mf_blog/category/fintech/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード
広報担当:柏木、青木、稲増
Tel:03-6453-9161
E-mail:pr@moneyforward.co.jp



ページトップへ