お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • マネーフォワード、日本IBMの「FinTechカードAPI」第一弾の仕様に合意~クレジットカード・信販の分野においても、よりセキュアで利便性が高いサービスの提供が可能に~

マネーフォワード、日本IBMの「FinTechカードAPI」第一弾の仕様に合意~クレジットカード・信販の分野においても、よりセキュアで利便性が高いサービスの提供が可能に~

2016-09-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介、以下「当社」)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)が開発した、クレジットカード・信販の分野で活用が可能な「FinTechカードAPI」※1第一弾の仕様に合意したことを、お知らせいたします。「FinTechカードAPI」は、当社が運営するPFM(Personal Financial Management)サービス「マネーフォワード」や、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」への導入が可能です。

 日本IBMが提供する「FinTechカードAPI」は、Fintechサービスを提供する会社に向けて、オープンかつ汎用的に提供されるものです。「FinTechカードAPI」を導入することにより、今後ユーザーの皆様は、「FinTechカードAPI」を利用しているサービスと「マネーフォワード」や「MFクラウドシリーズ」を連携する際、当社にIDやパスワードを預けることなく、クレジットカードの決済履歴などをご確認いただくことが可能となり、従来よりも、より利便性が高くセキュアに当社サービスをご利用いただくことができるようになります。

 当社は、セキュリティを担保しながらユーザーに新しい金融サービスを提供する「Open Bank API」※2を推進しており、これまで金融機関とのAPI接続の実績※3が複数あります。また、今年6月には日本IBMの「FinTech共通API」への接続検証を実施※4しております。

 クレジットカード・信販の領域における共通APIとしてはこれまで、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野宏)との提携※5において、「マネーフォワード」にてAPIを通じて利用明細を自動保存する機能を提供してまいりました。今回の日本IBMとの取組により、より一層セキュアで、利便性が高いサービスを提供できるようになると考えております。

 Fintechサービスには開発生産性と高いセキュリティレベルが求められる為、本取組のような形でクレジットカード・信販の分野を含め、金融機関のAPIがオープンになることで、当社以外にも新たなFintechサービスがより多く生まれ、金融業界全体の活性化に繋がっていきます。

 当社は、高いセキュリティと正確なデータを担保しながら安心して、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」をご利用いただける社会の実現を目指し、今後さらにクレジットカード業界への貢献を推し進めてまいります。

※1:クレジットカード・信販業界のフィンテックを支援。銀行向けに続いて対応、「FinTechカードAPI」
※2:「Open Bank API」とは、銀行が保有している顧客の資産残高情報や入出金履歴情報を、銀行と顧客の同意の元に銀行外のサービスで利用できるようにする仕組みです。これにより、ユーザーは、セキュアに低コストで、正確なデータを銀行外のサービスで利用することができます。IT産業においてデータ活用が標準化されるだけでなく、銀行自身もFintechサービスのプラットフォームになることができます。
※3:マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~
 マネーフォワード、静岡銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 静岡銀行』を提供開始~NTTデータのインターネットバンキングAPIを国内初導入の自動家計簿・資産管理サービスをリリース
 マネーフォワード、群馬銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 群馬銀行』を提供開始〜NTTデータのインターネットバンキングAPIを導入したPFMサービスとして国内2例目~
※4:マネーフォワード、Open Bank APIの一環として日本IBMの「FinTech共通API」への接続検証を実施~今後、よりセキュアで利便性が高いサービスの提供が可能に~
※5:マネーフォワードとクレディセゾンが業務提携~1,000万人のクレディセゾンのネット会員の利用明細の自動保存に対応~

■株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』
 WEB https://moneyforward.com/
 iPhone,iPad https://itunes.apple.com/jp/app/id594145971
 Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.moneyforward.android.app
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
 確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 https://biz.moneyforward.com/tax_return
 会計ソフト『MFクラウド会計』  https://biz.moneyforward.com/
 請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 https://invoice.moneyforward.com
 入金消込ソフト『MFクラウド消込』 https://biz.moneyforward.com/reconciliation
 給与計算ソフト『MFクラウド給与』 https://biz.moneyforward.com/payroll
 創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』 https://biz.moneyforward.com/implementation_support
 マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 https://biz.moneyforward.com/mynumber
 経費精算ソフト『MFクラウド経費』 https://biz.moneyforward.com/expense
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』 https://moneyforward.com/media/
・マネーフォワードFintech研究所 https://moneyforward.com/mf_blog/category/fintech/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード
広報担当:青木、柏木 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp



ページトップへ