お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

マネーフォワード、伊予銀行提供の参照系APIとの公式連携を開始

2018-07-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「TSUBASA FinTech共通基盤」と連携し、より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO :辻庸介、以下「当社」)は、自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ※1』において、株式会社伊予銀行(本社:愛媛県松山市、頭取:大塚岩男)との参照系API連携を7月23日に開始いたします。


※1『MFクラウド会計・確定申告』、『MFクラウド経費』でご利用いただけます。

■伊予銀行との参照系API連携について
「TSUBASA アライアンス※2」参加行は、T&Iイノベーションセンター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:森本昌雄)および日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:中央区日本橋、代表取締役社長:エリー・キーナン)と共同で、API共通基盤構築プロジェクトを進めています。このたび、本プロジェクトにもとづいて開発される「TSUBASA FinTech共通基盤」と当社のサービスが連携することで、伊予銀行と参照系APIを公式連携する運びとなりました。
※2 現在、第四銀行、千葉銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、北越銀行の7行が参加しています。

■概要
 本連携により、伊予銀行の普通預金のキャッシュカードをお持ちの個人・個人事業主のお客さま全てにおいて、今後はIDやパスワードを預けることなく、『マネーフォワード』ならびに『MFクラウドシリーズ』と連携し、口座の残高情報や入出金履歴などをご確認いただくことが可能になります。また、更に高いセキュリティと正確なデータ取得を担保しながら、より利便性高く、当社サービスをご利用いただけるようになります。

当社は、引き続き金融機関が提供するAPIとの公式連携を推進し、利用者にとって新たな付加価値を生むFintechサービスの開発、提供をすすめてまいります。

■株式会社マネーフォワードについて
名称 :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
事業内容:自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス
「MFクラウドシリーズ」などの開発
設立年月日:2012年5月
URL :https://corp.moneyforward.com/

主要サービス:
自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード 
広報担当:柏木、稲増、佐賀 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp



ページトップへ