お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』、会計データを元にした借入可能額表示機能を追加

『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』、会計データを元にした借入可能額表示機能を追加

2018-12-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な時に資金調達がスムーズに行えるプラットフォームに

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、クラウド会計ソフト『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』のユーザーに、借入可能額表示機能を追加いたしました。借入のお申し込みは、『マネーフォワード クラウド資金調達』を通じて行います。

 当社は2017年1月より、『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』などのデータを活用して、ユーザーが金融機関からの資金調達を行うことができる資金調達サービス『マネーフォワード クラウド資金調達』を提供しております。

 この度、『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』において、『マネーフォワード クラウド資金調達』で協業する金融機関の借入可能額を算出し表示することが可能になりました。これにより、運転資金などを必要とする個人事業主や中小企業は、よりスムーズに借入金額を確認し、必要なタイミングで迅速に資金調達をすることができます。また、借入が難しいとあきらめている企業や、潜在的な資金需要がある企業にとっても、借入可能な金額を把握できることにより、先の経営計画に役立てることが可能になります。

 当社では、本機能を開始することで、資金調達ニーズのあるユーザーに対し、資金調達の機会を提供することで、ビジネスの成長支援を進めてまいります。

■『借入可能額表示機能』について
 『借入可能額表示機能』は、『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』上で、会計データを元に資金調達可能な金額を表示する機能です。本機能は、『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』ユーザーの同意のもと、『マネーフォワード クラウド資金調達』を通じて、協業先の金融機関に会計データを提供した場合のみ活用いただけます。借入可能額の算出は、協業先の金融機関が行います。

<協業先金融機関商品一覧>

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<サービス名称変更について>
2018年11月27日より、当社サービスの名称を以下に変更いたしました。
(1)自動家計簿・資産管理サービス
変更前:『マネーフォワード』
変更後:『マネーフォワード ME』
(2)ビジネス向けクラウドサービス
変更前:『MFクラウドシリーズ』
変更後:『マネーフォワード クラウドシリーズ』

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード 
広報担当:柏木、稲増、佐賀、早川 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp



ページトップへ