お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 「お金の意識調査2018」を実施
    『マネーフォワード ME』利用者は年間25万円の収支改善を実感

「お金の意識調査2018」を実施
『マネーフォワード ME』利用者は年間25万円の収支改善を実感

2018-12-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

61%の利用者が“無駄遣いが減った”と回答、“キャッシュレス生活”へのシフトも顕著に

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、運営するお金の見える化アプリ『マネーフォワード ME』の利用者1,510名を対象に「お金の意識調査2018」を行いました。
 調査の結果、利用者の半数以上が「無駄遣いが減った」と回答しており、収支改善を実感した金額は平均で月20,732円と大きな改善につながっていることがわかりました。また、『マネーフォワード ME』利用後は、「お金に対する意識や行動が変化している」という結果となりました。

【調査結果トピックス】
1. 『マネーフォワード ME』利用者の半数以上が無駄遣いを削減、収支改善を実感した金額は平均で月20,732円、プレミアム会員は平均で月25,800円で、無料会員平均の1.6倍。
2. 家計改善した人が意識していることの1位は「日頃の支出」、次に「予算の設定」、「携帯電話料金の見直し」と続く。
3. 家計改善した人のうち46%が現金での支払いを減らし、クレジットカードや電子マネーなどの利用が増えたと回答。キャッシュレス生活へのシフトが顕著に

 


2018年10月自社アンケート調査結果より
*1…家計改善したと回答した利用者677名の平均値
*2…家計改善したと回答しているプレミアム会員324名、無料会員353名の平均値
*3,4,5…家計改善したと回答した利用者677名の回答より
*6…アンケート回答した1,510名の回答より

調査内容:「マネーフォワードご利用状況とお金の意識調査」
実施時期:2018年10月31日~11月11日
調査対象:お金の見える化アプリ『マネーフォワード ME』利用者1,530名
調査手法:インターネットを利用したアンケート調査

当社は今後も、お金の課題を解決するためのサービスづくりに取り組んでまいります。

■お金の見える化アプリ『マネーフォワード ME』の概要
銀行や証券口座、クレジットカードなどから自動で毎日入出金情報を取得、現金で支払ったものはレシートを撮影するだけで記録してくれるサービスです。一度口座情報を登録すると、以降は自動で複数口座の情報を取得・分類するので、お金の管理の煩わしさが解消します。
URL:https://moneyforward.com/
開始日:2012年12月
価 格:初期費用/基本機能 無料 プレミアム機能 月額500円
特 徴:
・銀行やカード、通販サイトなど2,670以上の金融関連サービスから、資産や入出金情報を自動取得。
・レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで簡単に記録可能。
・お金の流れを簡単に可視化。予算作成・進捗管理で貯金や資産形成の計画の手助けも。
・PC/スマホ/タブレットから、いつでも利用可能。

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<サービス名称変更について>
2018年11月27日より、当社サービスの名称を以下に変更いたしました。
(1)お金の見える化サービス
変更前:『マネーフォワード』
変更後:『マネーフォワード ME』
(2)ビジネス向けクラウドサービス
変更前:『MFクラウドシリーズ』
変更後:『マネーフォワード クラウドシリーズ』

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード
広報担当:柏木、稲増、佐賀、早川
E-mail:pr@moneyforward.co.jp



ページトップへ