お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 『MF KESSAI』、サブスクサービス提供企業向けプラン「MF KESSAI グロースサポート」を開始

『MF KESSAI』、サブスクサービス提供企業向けプラン「MF KESSAI グロースサポート」を開始

2020-04-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

契約時に年間利用料を一括受領し、企業の投資効率をアップ

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)のグループ会社であるMF KESSAI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:冨山 直道 、以下「MF KESSAI」)は、本日より企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』において、BtoBサブスクリプションサービスの年間利用料※1を本来の支払期限到来前に一括受領できる「MF KESSAI グロースサポート」を開始しました。

 『MF KESSAI』は、取引先の与信審査、請求書発行から代金回収までの決済業務を一括して代行するサービスです。さらに、通常請求締め日より30日以上かかる売掛金の入金を、最短5営業日に短縮できる「早期振込サービス」を提供しています。

 サブスクリプションサービスは、月額や年額といった期間単位で料金を支払い、一定期間サービスを提供するものです。提供企業は利用者から、月額や年額などのプランに応じて利用料を受領していますが、中には、年額契約の場合であっても年額一括ではなく毎月利用料を受領するケースもあります。

 今回開始する「MF KESSAI グロースサポート」により、12ヶ月分の年間利用料を、本来の支払期限到来前に一括受領できるため、早期の資金化が可能になり、サービス開始初期のビジネスを加速するための営業やマーケティングへの投資や、キャッシュフローの改善に役立てることができます。また、年間利用料の請求業務は、毎月MF KESSAIが代行するため、請求業務の効率化も併せて行うことができます。

 この度、第一弾としてAIチャットボットSaaS※2「KARAKURI」を提供しているカラクリ株式会社に導入いたします。

※1 「MF KESSAI グロースサポート」のご利用にあたっては、BtoBサブスクリプションサービスの年間利用料に関する契約が、MF KESSAIが別途定める期間内は途中解約不可であること等別途MFKESSAIが定める条件を充足する必要があります。
※2 SaaSとは、「Software as a Service」の略。業務で使用するソフトウェアをインターネットなどのネットワークで、その企業が必要な分だけサービスとして利用できるものです。

■背景
 富士キメラ総研「ソフトウェア(パッケージ/SaaS)の国内市場を調査」によると、BtoBサブスクリプションサービスの一つであるSaaS市場は、大幅な成長が見込まれています。こうした中で、企業のSaaSサービス導入の機運も高まっています。

 BtoBサブスクリプションサービスは、一般的に営業やマーケティング費用が売上に対して先行するビジネスモデルのため、創業間もない企業はキャッシュフローが厳しくなるケースがあります。こうした企業の資金繰りに関する課題を解決するため、「MF KESSAI グロースサポート」を開始する運びとなりました。
※富士キメラ総研「ソフトウェア(パッケージ/SaaS)の国内市場を調査」
https://www.fcr.co.jp/report/191q02.htm
https://www.fcr.co.jp/pr/19088.htm

■「MF KESSAI グロースサポート」について
 「MF KESSAI グロースサポート」は、SasSをはじめとするBtoBサブスクリプションサービスの取引先の請求業務の一括代行と、年間利用料を、本来の支払期限到来前に一括受領できるプランです。

特 長:
・MF KESSAIとの間で、BtoBサブスクリプションサービスに関する年間利用料債権譲渡契約後、年間利用料を当該譲渡契約の最短5営業日後に一括受領することが可能
・取引先への月次の請求書発行から代金回収までの請求業務をMF KESSAIが実施
・取引先からの債権未回収や取引先の倒産リスクを回避することが可能

サービス利用料率:6% 〜10%
※別途契約条件により、月額固定基本料金(〜15,000円(税抜))がかかる場合がございます

<サービス利用イメージ>

■導入企業からのコメント
カラクリ株式会社
Corporate and People Group 田中信次氏

スタートアップのSaaS企業として、キャッシュフロー効率を高め事業投資をより積極的に行いたいと考えておりました。売掛債権の早期資金化サービスを提供している会社にいくつかお話を伺っていたところ、「MF KESSAIグロースサポート」のアイデアを提案くださり、今回サービス化してくださったことから導入を決定しました。エンタープライズ向けのSaaSは、契約期間中の売上が確約されているものの、前払いの交渉負荷が高く、資金化までの期間が長いのが問題点でした。本サービスの導入により、取引先へ前払いをお願いすることなく契約期間中の売上金額を先立って受領することができるようになるため、資金調達を必要とするスタートアップSaaS企業にとって、新たな調達手段になりうると考えております。
URL:https://karakuri-ai.co.jp/

■企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』について
『MF KESSAI』は、取引先の与信審査から請求書発行、代金回収までの決済業務を一括して代行する企業間後払い決済サービスです。

特 長:
(1)業務効率化
・取引データを入力するだけで取引先の与信審査、請求業務、入金管理が自動で行われる
・請求に関する一連の業務を『MF KESSAI』が代行、バックオフィス業務の負担とコストの削減が可能に
(2)売上増加
・取引先の与信審査結果が最短で数秒で分かるため、サービス提供までのスピードが向上し、売上増加につながる
(3)資金繰り改善
・審査通過後は確実に入金されるため、貸し倒れリスクから解放される
・支払日に確実に入金されるため、資金繰りの見通しがつきやすく、資金の有効活用が可能に
※ 表明保証違反が審査通過後に発覚した場合等、例外的な場合は対象外です。
URL:https://mfkessai.co.jp/
サービスに関するお問い合わせ:support@mfkessai.co.jp

■MF KESSAI株式会社について
名称  :MF KESSAI株式会社
所在地 :東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル2階(FINOLAB内)
代表者 :冨山 直道
事業内容:
企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』
売掛金早期資金化サービス『MF KESSAI アーリーペイメント』の開発・提供
URL :https://corp.mfkessai.co.jp/

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード
広報担当:稲増、石田
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

ページトップへ