お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 伊予銀行が提供するカードローンアプリ『SAFETY』に、資産管理機能を提供

伊予銀行が提供するカードローンアプリ『SAFETY』に、資産管理機能を提供

2020-05-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融機関の預金残高や入出金額などから予測不足額を算出できる

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、株式会社伊予銀行(本社:愛媛県松山市、頭取:三好 賢治、以下「伊予銀行」)が提供するカードローンアプリ『SAFETY』に、「資産管理機能」を提供します。これにより、金融機関の預金残高や入出金、カードの引き落とし額を把握することで、毎月の予測不足額の算出が可能になり、『SAFETY』の利用者は、予測不足額の通知を受け取ることができます。

 『SAFETY』は、伊予銀行とアクセンチュア株式会社が共同開発したカードローンアプリです。スマートフォンからワンタップで借り入れをすることができます。

 当社はこれまで、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』のアカウントアグリゲーション技術を活用し、銀行や証券、クレジットカードなど2650以上の金融関連サービスと連携することで、入出金や残高を管理できる「資産管理機能」を提供してきました。
 この度『SAFETY』にも、同機能を提供することで、『SAFETY』では、伊予銀行をはじめ、その他金融機関の預金残高や予定入出金、クレジットカードカードの引き落とし額の情報を取得し、毎月の予測不足額を算出することが可能になります。さらに、予測不足額をユーザーに通知することで、借り入れが必要なタイミングの把握や、資金不足の不安解消を目指します。

■『SAFETY』について
『SAFETY』は、伊予銀行とアクセンチュア株式会社が共同で開発したカードローンアプリです。
提供開始日時:2020年5月18日(月)
対象:契約時年齢満20歳以上満65歳未満で運転免許証およびスマートフォンをお持ちの個人のお客さま※1
ご利用限度額:10万円以上1,000万円未満※2
特 長:
・最短1分程度でお借り入れ可能額の目安を診断
・「Liquid eKYC」※3を利用し、本人確認手続きがオンラインで完結
・マネーフォワードの資産管理機能により、銀行口座やクレジットカードの情報を一元管理
・毎月の予測不足額を自動で計算し、不足が生じるタイミングと金額を通知
・スマートフォンのワンタップで、24時間いつでもお借り入れが可能
URL: iOS http://apps.apple.com/jp/app/SAFETY-IyoBank/id1509174918?mt=8※4
※1 伊予銀行の本支店がある13都府県に居住しているお客さまに限ります。
※2 限度額以内なら1円単位で何度でもお借り入れ可能。
※3 スマートフォンで本人確認書類と容姿(顔)を撮影するだけで本人確認ができるシステム。
※4 Androidの利用開始は2020年8月頃を予定。

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード 
広報担当:稲増、石田 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

ページトップへ