お金を前へ、人生をもっと前へ Money Forward

お問い合わせ

NEWS

プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 横浜銀行が、「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」で『XBA』『XCS』を利用し、データ蓄積を開始

横浜銀行が、「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」で『XBA』『XCS』を利用し、データ蓄積を開始

2021-08-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の入出金データからより早く正確に経営状況を捉え、より利便性の高いサービスの提供を実現

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、株式会社横浜銀行(本社:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:大矢恭好、以下「横浜銀行」)が提供する法人・個人事業主向け無料会員制ポータルサイト「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」に、『マネーフォワードfintechプラットフォーム』の機能である、『アカウントアグリゲーション基盤(X Business Aggregation、以下『XBA』)とデータベース(X Cloud Storage、以下『XCS』)の提供を開始し、横浜銀行は、法人顧客の資産・入出金データの蓄積を開始しました。
なお、横浜銀行は、2021年3月に『マネーフォワードFintechプラットフォーム』の導入を発表しました

『マネーフォワードFintechプラットフォーム』は、金融関連サービスの資産データや入出金データを蓄積・分析し、Fintech企業をはじめとするパートナー企業の提供サービスと連携できる共通基盤です。

これまで「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」では、自行の入出金データのみの取得を行っておりましたが、『XBA』を利用することで、自行以外の複数金融機関の入出金データを取得し※1一元管理できるようになります。また、これまでのインターネットバンキングでは、過去3ヶ月分の入出金データを保管しておりましたが、『XCS』の利用により、過去10年分のデータ保管が可能になります※2
 
「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」を利用する法人顧客は、複数のインターネットバンキングにアクセスしたり通帳記帳をする手間なく、「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」の画面上で複数銀行の預金口座を一元管理できます。
横浜銀行は、『XBA』と『XCS』を利用して蓄積した口座の入出金データをもとに、より早く正確に企業の実態を把握することで、適時適切な融資の提案など経営のサポートを行うことが可能になります。

今後、横浜銀行は、企業の入出金データを活用し、オフラインとオンラインの垣根を越えたより利便性の高い金融サービスの提供を目指します。
※1 自行以外の金融機関の資産・入出金データは、「<はまぎん>ビジネスコネクト」を利用する法人顧客の同意に基づいて当社が取得し、横浜銀行に提供します。
※2 過去10年分のデータ保管が可能になる機能は、2022年3月以降に提供開始を予定しております。

■金融機関向け『マネーフォワードFintechプラットフォーム』について
『マネーフォワードFintechプラットフォーム』は、金融関連サービスの資産データや入出金データを蓄積・分析し、Fintech企業をはじめとするパートナー企業の提供サービスと連携できる共通基盤です。金融機関は、本プラットフォームを活用することで、顧客ニーズにあったサービスを迅速に提供することができます。
本プラットフォームは、アマゾンウェブサービス(以下「AWS」)が提供するストレージや分析などができるサービス(マネージドサービス)※3を活用して構築しています。AWS上で構築することで、効率的なAPIの管理や運用が可能になるほか、金融機関とセキュアなデータ連携が可能です※4
プレスリリース:https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20210322-mf-press3/

※3 主なサービスは、AWS Lambda, Amazon S3, Amazon Aurora, Amazon Athena, AWS Glue, Amazon QuickSight, Amazon SageMaker です。
※4「AWS PrivateLink」により、パブリックインターネットに公開することなく、VPC、AWS のサービス、およびオンプレミスネットワーク間のプライベート接続を提供します。

■背景
横浜銀行は、「従来の銀行を超える新しい金融企業」を目指し、顧客に対する業務付加価値の向上や顧客体験(CX)を革新すべく、デジタル技術の活用を積極的に進めています。その一環で、法人・個人事業主向け無料会員制ポータルサイト「 〈 はまぎん 〉 ビジネスコネクト」におけるFintech連携を強化することを目的に、『マネーフォワードfintechプラットフォーム』の導入を2021年3月に発表しました。
横浜銀行は、企業が保有する複数金融機関の入出金データを分析し※1、企業の実態をより早く正確に把握し、オンラインとオフラインの垣根を越えたより利便性の高いサービスの提供を実現すべく、この度、『マネーフォワードfintechプラットフォーム』上の機能である『XBA』と『XCS』の利用を開始しました。
※1 自行以外の金融機関の資産・入出金データは、「<はまぎん>ビジネスコネクト」を利用する法人顧客の同意に基づいて当社が取得し、横浜銀行に提供します。

■株式会社横浜銀行について
名称  :株式会社横浜銀行
所在地 :神奈川県 横浜市 西区みなとみらい3丁目1番1号
代表者 :代表取締役頭取 大矢恭好
設立  :1920年12月
事業内容:普通銀行業務
URL  :https://www.boy.co.jp/
主要サービス:
預金・貸出・為替・投資型商品の販売業務、
金融商品仲介、相続関連業務、投資銀行業務 など

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マネーフォワード 
広報担当:石田
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

ページトップへ